センスは筋肉だ!

スポンサーリンク

センスは生まれつきなものだと思ってる人が多いのですが…

センスは筋肉です!

a8fed097a879b410d22ac9f0fadca08d_s

ᕙ( ・ᗨ・ )ᕗ ムキッ

今日仕事先の方に、「なりおさんと仕事をしてからセンスが良くなりました」と言われてすごくすごーく嬉しかったんです。

センスが良いと言われるとか、作ったものに感謝されるよりも10倍嬉しい。なぜだろう…

自分が褒められるよりも、関わった人に何かしらの良い影響を与えることができたんだということが嬉しいのかもしれません。

そう、それでセンスについて考えてみましたが、前述の方が言うように、センスって良くなるんですよね。

鍛えれば誰でも良くなると思っています。

目の前にあるものが、どうなればカッコいいかを考えてトライアンドエラーし続ければ、

筋肉と同じようにだれにでも付けられる。

デザイナーが持っているのはセンスではなくて、

他の誰かが作った既成品より自分の作ったモノの方がカッコいいという我の強さだけなんですね。

この我の強さ、「こうしたほうがもっとカッコいい、もっと使いやすい」という想いの強さと、どこまで良く出来るかという興味と好奇心がトライアンドエラーに掻き立てるのです。

あと、他の人の作った優れたものを見た時の「悔しい…!きぃぃぃ!」(ハンカチ噛みながら)という嫉妬ですね。笑

そういうものを見た時は、そこにそういう要素を感じるか自分の中で研究するんです。悔しいから。

逆を言うとセンスがあまり良くないという人は単に興味がないだけなんだと思います。

普通はそれが当たり前です。デザイナーのほうが不必要に執着してるということですし。

だからセンスは筋肉と同じで鍛えれば誰でも付けることができます。

そしてデザイナーは負けず嫌いで我が強いですよ!(優秀であればとくに!?)というお話でした。

ぽちりとしていただけると励みになります(*´ω`*)

皆様のおかげでブログ立ち上げたばかりなのにランキングうなぎのぼり中です。

にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへ

Facebookでもブログにない情報を更新中です♪

Facebookの友達申請お待ちしています。

ブログには載せていないちょこちょこした話題など、気軽に絡んでください〜!

※申請をされる際は、「ブログを見た」とメッセージをお願いしますm(__)m

>友だち申請・フォローはこちらをクリック

あなたの商品や、売り手の想いにじっくりと向き合います。

他社とは違う価値を伝えたい・”差別化”ではなく”独自化”を目指した販促をしたい方、お気軽にご相談ください。

お問合せはこちらからお願いします^^