実績と、”ディレクション”て何?ということについて。

スポンサーリンク

「サイトに実績が出てると紹介がしやすいんだけど〜」

と、最近起業家のお友達や知り合いの方などから良く言っていただきます。

あ、ありがたい…!!!

(ほんとにこのブログを時間割いて読んでくれる方もそうですが、友達といい、私の周りは懐の深い温かい人ばかりなんです。。)

実績については、出せるものだけ出すと傾向が偏ってしまうので、

基本的には「見たい」という方にだけ個別にお見せする形にしばらくはすることにしました。

そして、これも先日話題に出たのですが、

デザインを頼んだつもりがその人はディレクターで別にデザイナーが居た場合、

余分なマージンをとられているの?と思う人は少なくはいはず。

これは人や会社によって方針や解釈が違うので、私の場合で解説します!

ずばり、自分でもデザインできるのにどうしてディレクションに徹して他のデザイナーに任せるかというと、その方がクライアントにとっても自分にとっても良いからです。

というとざっくりしていてよくわからないと思うのですが、

作業量が多いプロジェクトの場合、一人で全体の企画進行やデザインまでやると、もう手一杯になります。

デザインは作ることであり、考える事+作業です。

作業の部分は誰がやってもある程度同じなんです。(一定のスキルがあれば)

ディレクションしながらデザイン作業もする、というのは、一人二役みたいなもんなんなので、分けたほうが効率がいいんです。

それぞれ集中できるから。

マージンをとられるという見方もあるけれど、多分そのマージンを抜いた金額ではそのクオリティのものは出来ません。(デザイナーだけでは役不足)

あと、ディレクターはそのプロジェクト全部を統括していますから、その人が手を動かしていないからと言って質が下がるのではなくむしろ逆だと思っていただいて大丈夫です。

商品の原価と同じように思ってもらえば良いのかなぁと思います。

こちらが参考になるかも

グラフィックデザイナーとアートディレクターの違い

デザイン事務所の時は、ディレクションだけの仕事と、ディレクションとデザインを兼ねる仕事(ディレクションやりながら他案件でどっちもこなすのは地味にタイヘン…!)を半々くらいでしていました。

今は全案件ディレクター兼デザイナーです。

ぽちりとしていただけると励みになります(*´ω`*)

皆様のおかげでブログ立ち上げたばかりなのにランキングうなぎのぼり中です。

にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへ

Facebookでもブログにない情報を更新中です♪

Facebookの友達申請お待ちしています。

ブログには載せていないちょこちょこした話題など、気軽に絡んでください〜!

※申請をされる際は、「ブログを見た」とメッセージをお願いしますm(__)m

>友だち申請・フォローはこちらをクリック

あなたの商品や、売り手の想いにじっくりと向き合います。

他社とは違う価値を伝えたい・”差別化”ではなく”独自化”を目指した販促をしたい方、お気軽にご相談ください。

お問合せはこちらからお願いします^^