セミドライに生きる。同僚とはわざと仲良くならないようにしていた昔の話。

ホリエモンさんの『本音で生きる』を読んでいてスッキリした発見があったのですが、

私はわりと誰に対してもセミドライな関係性が好きなんだなーと再認識しました。

12511946_881843888598892_466585174_n

私の育った過程は父母と弟の4人家族で、うちに遊びに来たり家族を知る友達からは、

「本当にドラマの中に出てくるようなアットホームな家庭だよね」と言われるけど本人たちにそんな自覚はない。

弟と二人で仲良くでかけたりもしないし、家族のLINEグループとかもないし、

カンタンに言うととにかくベタベタしない、つるまない。

たぶん母親の気質がそのまま家庭に反映されているのだと思います。

そういう家庭で育ったので他の人間関係にも全部それが反映されていて、

私は友達ともあまりベタベタせずドライなことが多いのです。

いつもつるむような友達は居るわけでもないし、何日も連続で会ったりとかもしないし、

しょっちゅうLINEもしない。

それは仲良くないからとか好きじゃないからとかじゃなくて、そのくらいがめちゃくちゃちょうどいいなって思ってるからそうしているだけです。

その代わりお互いに何か会った時とかは真っ先に相談したり、話を聞いてもらったりはすごくする。

普段は違う環境で、お互い知らないところで好きに生きていて、

ときどき接点があればいいなと思う。

あ、今良い感じなんだね、あ、今度はなんかうまくいってないことがあるんだね。

みたいなことを時々確認しあうだけ。

良く女同士だとあると思うんですけど、例えば友達がちょっと変な男の人と付き合ってるとか、明らかに良くないように見えて、

そんなときに「あんな彼氏絶対別れたほうが良いよ!」って全力で止める!みたいなのがよくあると思うんですが。そういうことも思っていたとしても決して言わないし言われたこともありません。

私から見たら最悪な人と付き合ってるなーと思っても友達が別れてないってことは友達の意志なのだから尊重します。暴力を振るわれているとかよっぽどひどかったら何か言うかもしれないけど、友達が”今”幸せだと思ってるならいっかーと思います。

人の意見に左右されるような友達はそもそも私の周りにいない、というのもあるけど…(笑)

だから相談とかも、「参考までに聞いときたいんだけど」とか、

何か言う時も、「まぁ、これはあくまで私の意見だけどこう思うよ」で終わり。

それは友達じゃなくて同僚とのつきあい方もそうで、

会社員だったときは「あんまり仲良くなると仕事上での本音が言いにくくなるから同僚とは仲良くならなくて良いや」と思って一人で行動していました。(今だったら仲良くなっても本音を言えるので良いんですが当時はなぜか思い込んでいた^^;)

ランチとか誘われたら一緒に行くけど自分で誘わない、とか。

会社は仕事をする場所なので、「嫌われたくない」という想いが強くなりすぎて仕事上思っていることや意見を言えなくなったら本末転倒だと思っていました。

そんな勝手なことしてて職場で孤立しないかとか、うまく仕事ができるのかと思われるかもしれないけれど、

同じようにセミドライ属性の仲間がポツポツといたので、そういう人たちとは後輩先輩かかわらず時折飲みに行ったりしていましたし、仕事上も、「仲良くなる必要がない」と必要以上にベタベタしないだけで愛想悪くしているわけでもなくやることはやっているので、何の問題もありませんでした。(ちなみにセミドライ仲間はテレパシー能力みたいなものがあるようで、知らないうちに引き寄せ合って気づいたら仲良くなっていることが多い)

みんなで同じ大きな船に乗って大海原を目指そうぜ!というよりも、

一人ひとりがそれぞれ違う個性のある船に乗って好きなように漕ぐっていうのが色々な関係性において私の理想です。

で、たまたま近くに通りかかったりしたら、「あ、元気?どうしてる?」ってちょっと声かけるとか。そのくらいがちょうどいい。

セミドライに生きるって、依存がなく自立した関係性を色々な人と築いていくことなんです。

それに、セミドライなスタイルを貫いていても基本的に人のことは好きなのです。

普段ベタベタしなくても、何か大変な事があった時には真っ先に駆けつけて、逆に嬉しいことが会った時は一緒になって自分の事以上に喜ぶような関係性を沢山つくりたい!

また新たなセミドライ族との出会いを楽しみにしていきます。

Facebookでもブログにない情報を更新中です♪

Facebookの友達申請お待ちしています。

ブログには載せていないちょこちょこした話題など、気軽に絡んでください〜!

※申請をされる際は、「ブログを見た」とメッセージをお願いしますm(__)m

>友だち申請・フォローはこちらをクリック

ぽちりとしていただけると励みになります(*´ω`*)

にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへ
にほんブログ村