本音で発信したことには価値がある。ということを伝えてくれる漫画「人生山あり谷口」。

谷口菜津子さん『人生山あり谷口』という漫画がとても面白かったので紹介したいと思います。

人生山あり谷口

谷口さんは紙だけでなくオンライン上のコンテンツなどで漫画を描いたり、でんぱ組のアートワークなどでも活躍している漫画家・イラストレーターさん。

『人生山あり谷口』は、そんな谷口さん自身が初心者ながら様々な山に挑戦し、

登山で感じたことや自身の人生や周りの人への想いを描いた本です。ストーリー漫画ではなく、エッセイ漫画のような感じ。

谷口さんは自分自身が自然や植物が好きなことから、

編集長にこんな相談をしてひとまず山に登り登山漫画を描き始めますが

12516372_880874248695856_1208669592_n

編集長は折にふれて、「ボクは、谷口さんの人生についても描いて欲しい、谷口さんの人生について見たいな〜」と言っています。

12511887_880874258695855_1478803942_n

12498572_880874222029192_1794871658_n

でも谷口さんは編集長から言われてもあまり釈然としていなくて、

「人生について描くとなると自分のブログで描いてる日記とかぶるのでどうかな〜と思うんですよ」と漫画の中で語っています。

でも、結果として谷口さんは、実家の近くの山を登りながら思い起こした家族や幼いころの思い出の日々について漫画で語ります。

途中、登山とはあまり関係ないような、自分の中に出てきた心の問題のことや、当時の彼氏や病床のお祖父さんのことなどプライベートな状況も描いています。(あまり書きすぎるとネタバレになるので、興味のある方はぜひ買ってみてください〜)

それが結果として、この漫画がただの「山に登ってみました!」という単なる体験漫画ではなくて、

谷口さんの人生や想いが詰まった他の人には絶対真似できない漫画になっています。

何を売っているか、何をやっているかではなく『だれが』やっているかが重要と言われる最近ですが、

漫画も同じなのだな〜と読んでいてとても実感しました。

家族や周りの人々に起きたことによって自分自身に起きた変化や、心の中のこと、本音。

身近な人に言うことさえ勇気が要ることですが、こうして漫画に描いてWEBや本として不特定多数に発信するのにはとても勇気が必要だっと思います。

でもそれによって「自分だけじゃないんだな」と思えたり、励まされたり、

なにより描き手の谷口さんのことがもっと身近に感じられ好きになりました。

Twitterのタイムラインを見たら、共感している人がたくさん居て嬉しくなった(*´ω`*)


こういう本音を表現した発信を、私もやっていきたい。今年目指していきたい発信の姿勢です◎

Facebookでもブログにない情報を更新中です♪

Facebookの友達申請お待ちしています。

ブログには載せていないちょこちょこした話題など、気軽に絡んでください〜!

※申請をされる際は、「ブログを見た」とメッセージをお願いしますm(__)m

>友だち申請・フォローはこちらをクリック

ぽちりとしていただけると励みになります(*´ω`*)

にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへ
にほんブログ村