車に轢かれる猫さんを減らす道路緊急ダイヤル#9910

Twiiterでこんなつぶやきを見つけました。

警察でもなく保健所でもなく、9910

一体何の番号なんだろうと気になって調べてみまたところ…

国土交通省道路局が制定する道路緊急ダイヤルというところの番号のようなのです。

道路:道路緊急ダイヤル(#9910) - 国土交通省
国土交通省のウェブサイトです。政策、報道発表資料、統計情報、各種申請手続きに関する情報などを掲載しています。

道路緊急ダイヤルとは国交省の管轄で道路の異状を発見した場合に通報するシステムです。

動物の遺体を見つけた時に『道路緊急ダイヤル#9910』へ電話すると清掃センター同様対応してくれます。

清掃センターとの違いはというとただ遺体を処分するのではなく、動物種や轢かれた位置などをデータ化して、新しく道路を造ったり動物柵を作ったりする時の参考資料にして次の世代への命を守る為に国が動いてくれます。

国交省が道路を造るのにも税金が使われますが、同時に動物の生命を守る事にも使われます。

皆さんも動物の遺体を見つけたら#9910に電話して下さい。
24時間対応
各道路への取り次ぎは対話型音声自動応答装置で行います。

エリザベスさんのサイトより

猫は生態上、車や危険物が接近してもとっさに逃げる事が犬よりも苦手だと言われてるんですよね。

こういうことを国土交通省でやってくれるというのは知りませんでした。

平成17年より導入されたようなので、もう10年くらいあったんですね。

ちなみに動物の遺体だけでなく、

道の陥没や異常など、交通上危ないものは対象になっています!

車に乗る方もそうでない方も頭の片隅においておくとよさそうですね。