性善説で生きると楽しい。

12647737_889731584476789_573660248_n

2年前に心理学やコミュニケーションの勉強を始めた時に師匠の未来さんに言われた「人は皆本来良い人なのよ」という言葉がそれからの私をガラリと変えました。

根っからの悪人なんてそうそういなくて、皆それぞれの当たり前や常識が違うからスレ違いが起こるだけ、悪くしようと思って、悪気があって相手に何かする人なんてそもそも居ない。

人は基本的に目の前の人を助けたいものだ。

という内容だったと思います。

当時私はある同僚とのコミュニケーションのとりずらさやスレ違いにうんざりしていて、

  • 何回言っても伝わってない
  • 向こうが言っていることもよくわからない
  • そういうスレ違いで業務に支障が出る
  • 人数が少ない職場だから異動とかはムリ

といったような悩みを抱えていたのですが、そうやってうんざりしていたのと同時にその同僚がとても“良い人”というのも知ってた。(だから悩んでいた)

人として嫌いなわけじゃないけど、意思疎通ができずにイライラする。このままだと嫌いになりそうだ。というくらい。

だから私にとって未来さんの言う「人は本来皆良い人」はとてもしっくり来て、

深く深く胸の奥におちていったのです。

それからまるで暗示のように「人は皆良い人」と思って暮らすと不思議な事に、良い人に巡りあいます。

コンビニのレジの人が笑顔で対応してくれる、バスの運転手さんが親切、

仕事で関わる業者さんが一生懸命尽くしてくれる、いつも行くお店の人がいつもサービスしてくれる、

体調が悪い時に友達がさりげなくフォローしてくれる、などなどきりがない。

たまにそうじゃない人に会うこともあるかもしれないけど、人にはそれぞれ事情があるし。

家族と喧嘩していて腹の虫の居所が悪いとか、心配事があって人に構ってる余裕がないとかお腹痛いとかね。

逆に「何かを頼んだり業者さんを探すといつもろくな人に会わない」と漏らしている知人が居て、そんな事ってあるかなと思ってよくよく見ていると、

その人はいつも人のことを疑って見ていました。

お金を多く取ろうとしているじゃないか

さぼっているんじゃないか

見ていないところで陰口言ってるんじゃないか とか。

疑いに余念がない(笑)。

あとは単に自分の期待に答えてくれない人のことを悪者扱いしているだけとか。

それはそういう人が寄ってくるのも無理ないなぁ〜と思うのです。

私も昔知らない人と会うことが苦手だったときは、絶えず

  • 人は私のことを陰でバカにしているんじゃないか
  • 頭が悪いと思われているかも…
  • ブスだと思ってるんじゃ…
  • うざがられているんじゃないか

などと考えていて、実際そういう時はおかしな人に良く出会っていた気がします。引き寄せの法則を悪い方向に活用しているやつですね。

(今思うと恐ろしいくらい自意識過剰ですね。人はそこまで他人に興味がないっつーのヽ(゚д゚ヽ)

性善説で生きていると騙されたりなめられたりするんじゃないかと思われるのですが、

そんな悪い人には会ったことないです。

それどころか会う人会う人いつも素敵な人ばかりで、ますます人と出会うことが楽しくなりました。

制作メニュー

お仕事の内容や依頼については制作メニューからお願いします^^

Facebookでもブログにない情報を更新中です♪

Facebookの友達申請お待ちしています。

ブログには載せていないちょこちょこした話題など、気軽に絡んでください〜!

※申請をされる際は、「ブログを見た」とメッセージをお願いしますm(__)m

>友だち申請・フォローはこちらをクリック

ぽちりとしていただけると励みになります(*´ω`*)

皆様のおかげでブログ立ち上げたばかりなのにランキングうなぎのぼり中です。

にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへ