プロならガタガタ言ってんじゃねぇ!(゚⊿゚)

今日は、こんなことがありました…

軸対話のスキルを身につける前だったらどうしてるかな〜と思ったのですが、

たぶん

「よく見て」と言われた時点で、

「あぁ…私またこんなミスしてクライアントさんにまた失望されたかも」と自己嫌悪になったりしていた気がします。

“私”を伝えるということは、人間関係を円滑にするっていう役割だけじゃないんですよね。

自分の状態想いを伝えられると、自分自身が変なダメージを受けずに済むんです。

言うは癒える…

べんりですよね。

とっても些細なので、え、これがスキルなの?ってなるけれど、

やってみようと思うと意外と大変です。たまーに天然で出来る人もいます。(うらやましい)

昔の私にとっては、アイメッセージを言葉や仕草で伝えるのは、

言い訳がましいわかってちゃん・甘ちゃんがやることだ。私は断じてやらない!ああいう人たちと私は違う!』という思い込みがありました。

プロなら、ガタガタ言うんじゃねぇ(゚⊿゚)

とさえ思っていましたね。

こうやって文章にするとめちゃくちゃうざいな。笑

今になってわかるのは、ガタガタ言い訳することと率直に”私”を伝えるのは別物だということです。

そりゃー、仕事でストレスたまるわ…と過去の自分に言いたいw

そんなことを思い出したやりとりでした。