デザイナーをうまく使う猛獣使いになるには…

安直すぎる「猛獣」のイメージ。

WEBサイトや販促物のデザインをデザイナーに依頼しているとき、

作っていく過程で直してもらったり要望を出したりしていきますよね。

そんなときにどうしたら円滑にデザインが進むのか、デザイナー視点で書いてみます。

ちなみにデザイナーは社内・社外問いません。

具体的にデザインの指示をしない

修正指示をされる側としてとっても多いのが

ここを◯色にしてほしい、

こんな形にしてほしい、小さくor大きくして欲しい、太くしてほしい etc…

こういう具体的な手段を指示“してはいけない”ということではありません。

でも的確なブラッシュアップやもっと良くしたいと思うのであれば、

どういう見た目にしたいかではなく”どう見せたいか”を伝えるのがとても大切です。

たとえば、

「本来の目的の動線よりもサブ要素が目立っているのでメインの部分が目立つよう工夫してほしい。」

「ここを一番長時間見てもらえるようにしてほしい」

「クリックしてもらいやすくしてほしい」

といった感じです。

プロでお金をもらっている以上その人はデザインのプロなので、

最初に作る時から色々なバランスを考慮してそのデザインを作っています。

だからそれを崩すのはダメ!という話ではなく…

途中でやりたいことや方向性が変わったりそれが伝わっていないから訂正するのはOKです!

ただ、目的を伝えた上で、どんなやり方でそのデザインを変えるかはデザイナーが考えることで、デザイナーの仕事です。

具体的に支持してあげる方が親切だと思ってやってくださる方もいますし、
時には時間がないからズバッと指示しちゃうよという方もいます。

時間がないときにズバッと指示しちゃってもいいのですが、
これを繰り返すことでデザイナーの考える力が養われなくなり、
“言ったことしかやってくれないデザイナー”を育てることになります。

これをやっていると実は自分の首も締めることになり、

延々と具体的なラフを渡さないとなにも作れませんと言われてはいつまでも自分が大変です。

あくまでも考えさせる

『もっとこういう目的が達成されるように見せたいんだけど、そのためにはどういうデザインにしたらいいと思う?』

こんな風にデザイナーに投げかけ続けることで、最初は時間がかかったとしても

きっとより良くするにはどうするか考えてくれると思います。

デザイナーの心の底にはいつも”良いものを作って喜んでもらいたい”という想いがあります。

喜ばせたくないデザイナーは居ないんです。

ちなみに私を最初に育てたある社長はセンスが良い人だったので、具体的にどうすればいいか…ある程度わかっていた気がしますが絶対に教えてくれませんでしたw

猛獣使いはなかなか楽じゃない…?

実はこれは昔書いたブログのリライトです。

なぜまたこれをアップしようと思ったかというと、

デザイナーのマネジメントって、専門のディレクターでもない限り普通の人には割と難しいんだなということが最近になってようやくわかったからです。

今、私自身フリーとして、委託や常駐など色々な形で仕事を請けていますが、

この人デザイナーの使い方うまいなぁという人になかなか会いません。

それはマネジメント力不足ということではなく、

デザイナーとその他の役割の人たちとの性質の違いや、デザイナーと仕事をし慣れているかどうかという部分も大きい気がします。

慣れれば可愛いよ、噛まないよ

ひとことでまとめるならば内向的で、プライドが高く、職人気質で、理想が高い…

ってこれあんたじゃんと言われそうですがデザイナーみんな大なり小なりこんなもんです。笑

デザイナーとのやりとりがどうも噛み合わないという方は参考に(?)していただければ嬉しいです。