お客様に愛を、HPに使いやすさと見やすさを。

「お客様の”ため”になることをやる」って、とってもシンプルなことだなぁと、

今日もデザインの仕事をしながら感じました。

roppongi

販促も大事ですが、受け皿としての使いやすさみたいなものはお客様に対する愛情だと思うのです。

例えばホームページのお申し込みフォームの枠をお客様が記入しやすいサイズにする、

少しでも手間を省くように選択式にする、

文章で回答するところは何を書いていいか困らないように例文を載せてあげる。

ホームページやWEBサービスは特に、使い勝手良くなるも悪くなるも文字のサイズや余白や色などちょっとしたことで左右されます。

ちょっとのことですごく使いにくくもなるしちょっとのことで逆にすごく使いやすくなる。

私のようなデザイナーがお客様のために出来ることってそういう小さなことも含めてだな〜なんて。

サイトで自分たちが言いたいことをモリモリに載せるというのはお客様のためにはなってません。

でも、だからと言ってひたすら使い勝手だけ良くして言いたいことを言えないとかそういうことでもありません。

お客様の視点に立ちながら情報を届けるのがミソなのです。

専門用語や難しいカタカナ語は辞めて、普段使う言葉を使う。

〇〇プランとかオリジナルの名前を使うのはやめて、お客様が一目見てわかるメリットをキャッチコピーに使う。

WEBで商品を売っているのなら極限まで買うまでのステップを簡単にしてあげられるか。

素人でもわかりやすい説明や、買いやすいネット通販のサイトなどを見ると、

同業としておおー!と思うだけでなく「愛がある会社だな」と感じます。

カッコいいからって文字サイズ小さくしてる場合じゃないですよ。

スマホで観た時PCのサイトの外観そのままの場合じゃないですよー!(笑)

お客様に愛を、サイトに使いやすさと見やすさを!

Facebookでもブログにない情報を更新中です♪

Facebookの友達申請お待ちしています。

ブログには載せていないちょこちょこした話題など、気軽に絡んでください〜!

※申請をされる際は、「ブログを見た」とメッセージをお願いしますm(__)m

>友だち申請・フォローはこちらをクリック

ぽちりとしていただけると励みになります(*´ω`*)

にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへ
にほんブログ村