5分で終わると思えば何でもすぐ出来る。

5minuts

私はメチャクチャ寒がりです。

すこーし冷え性気味でもあるので、冬になるとすべての事が面倒に感じてきます。

掃除機をかけるのが面倒

食器を洗うのが面倒

お風呂の掃除をするのが面倒

身支度が面倒

家から出るのが面倒

布団から出るのが面倒

などなど…冬になると億劫になることリストをあげると枚挙にいとまがないのですが、

そんな私がこの冬思いついた良い”面倒解消法”があります。

それは…

「5分でできることはすぐやる」というルールを設ける

です!

って、別にそんな大文字にするほどのことでも無いのですが。

たとえばお皿洗うの面倒くさいな〜と思った時に、自分に対して

「それ、5分で終わる?」と聞いてみます。

そんなに溜め込んでないかぎりは食器洗いなんて5分あればできますよね。

なので、「じゃあ今やろっか」というようにする→やる。

これだけです!超簡単。

「5分で終わるよね」=「簡単にできるじゃん、大したコトないじゃん」とマインドコントロールかけてるイメージです。

これは結構仕事にも応用することができて、

会議の前にあの資料に目を通さなきゃいけないけどめんどくさいな…とか、

いつも忙しそうな〇〇さんに確認とるの気が重いな…とか。

こういうちょっとした腰が重くなることことに5分ルールを適用してみます。

そうすると不思議なもので、面倒な事柄も、「どうせ5分で終わる」と思えばサッとやってしまおうという気になるのです。

それをやっているとどんなことが起きるかというと、仕事がすぐに終わるようになります(笑)。

仕事って細かいタスクの集合体なので、こまいことを1つずつさっさとクリアしていけばいいだけなのです。

日常生活もそうですが、仕事にしても、ああだこうだ言ってるヒマがあれば(もしくは言いながらでもいい)さっさとやれば終わるんです。

私の場合この5分ルールを仕事ではやっていたのに私生活に活かせて居なかったので最近採用しだしたら、

なんでもすぐにタスクが片付くようになって身軽さが出てきました。

しかもやってみて気づいたのですが、日常のタスクで5分で終わらないことって早々無いんです。

「できない自分」を責めるヒマがあったら「できるように」お膳立てしてあげる

以前までは寒くて中々やることが片付けられないとか、出来ないことを「なんでできないんだろう…」と責めていましたが、

そんなしょうもないことで自分を消耗するよりも、 「ほら、こうすればできるよ(*´∀`*)、カンタンだよ、うふふ」と自分の機嫌を取りながら自分をコントロールしたほうが精神衛生上にも良いし、軽やかに動けるようになった気がします。

振り返ってグジグジ反省するヒマがあったら「どうやったらより楽に、カンタンに出来るか」を考えたほうが、ぐっと生きやすいです。

例えば同じ職場の人に対しても同じで、「なんであの人はあれが出来ないんだろう」といつまでも頭を悩ませるよりも、

「あの人にとっては難しいんだな」と冷静に受け止めて、その人がやらなくても済む方法や、どうやったらその人が簡単にできるかを自分で考えたほうが現実的です。

それって自分が折れるとか負けるとかいうことではなく、自分が楽に仕事するためにはそうすることが近道だから、という風に考えれば良いのかな〜なんて思います。

Facebookでもブログにない情報を更新中です♪

Facebook

Facebookの友達申請お待ちしています。

ブログには載せていないちょこちょこした話題など、気軽に絡んでください〜!

※申請をされる際は、「ブログを見た」とメッセージをお願いしますm(__)m

>友だち申請・フォローはこちらをクリック

ぽちりとしていただけると励みになります(*´ω`*)

にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへ
にほんブログ村