宮島の生活事情。買い物や交通事情など!

先日の台風のあとの夕陽…

さて…

東京と行ったり来たりで宮島での生活を初めてから一月が経ちました。

宮島での日常生活ってどうなの!? 買い物とか色々…

と訊かれます。

というわけで、宮島での生活面に焦点をあてて少しお話したいと思います。

スーパーやコンビニ(チェーン店)は一切なし!

島の中にはコンビニとスーパーは一軒もありません。

代わりに日用品や雑貨・野菜などを扱う商店さんがあります。

他に、お肉屋さんと魚屋さんがそれぞれある感じです。

とは言っても、フェリーで対岸にさえ渡って少し行けば大きなスーパーがあるので、

生鮮以外の必要なものはそこでまとめて買い出しをしています。

コンビニが無い!というのにかなり驚かれる方が多いのですが、まぁフェリーに乗って対岸に行けばあるからというのもありますが、意外とそんなに困りません。

飲み屋さんはちょっとだけある

飲ん兵衛な私が島でどうやって暮らしているか気になっている方も多いと思いますが…(自意識過剰)

島の中には数店だけ夜も営業しているお店があります。

仕事で通っていた際や最初のほうはちょこちょこ行っていたのですが、車で帰らなければ行けないと大好きなお酒を我慢しなければならず…(あと夜の山道が怖いので)

必然的にほとんど行かなくなりましたw

それでもたま〜に行きます、「縁」さん☆

代わりにといってはなんですが、元から好きだった料理をよりやるようになり、

すっかり宮島では料理充になりました…

前述したようにお惣菜やお弁当を帰る場所は無いので、料理をしない人は、ちょっと困るかもしれません。

終電ならぬ”終フェリー”に注意しなければならない

宮島と、JRと広電のある宮島口はフェリーでしか行き来することができません。

そのため終フェリーに気をつける必要があるのです。

ちなみにフェリーは台風などの天候によっても運休することがあるので要注意です。

車での生活には色々注意が必要

普段は車を使って島内を移動しています。

が、宮島は言わずと知れた観光地!そして実はとっても道が狭いのです。

その中を車で通るので、歩行者に最新の注意を払う必要があります。

あとは宮島と言ったら鹿!ですね。

ちょっと町を離れると、鹿だけでなく猪や狸、穴熊がでます。(穴熊だけはまだ見たことない)

運転の際は対向車や人に充分に注意する必要があるのですが、暗くなってくると動物にも気をつける必要があります。万が一猪や鹿とぶつかったらと思うだけで恐ろしい!安全運転が必要です。

あと、これは猫好きの方への業務連絡なのですが、宮島には意外と猫がいません。

猫が食べるようなものを鹿が食べてしまうからなのかな〜、今まで2匹くらいしか見かけたことがないです。(しかも痩せっぽちなのです)残念…

ちなみにもし宮島の道端で仔猫を見かけたら…鹿や猪に食べられてしまうのが心配なのですぐ家に連れて帰ってしまいそうです。。

その他におどろいたこと

実は地味に一番驚いたことなのですが、

運送会社さんが家の中に入ってきます。

入ってくるというのはそのままの意味でして… 玄関を空けてから「〇〇(会社名)でーす!」と来るのです…

これは前に住んでいた方がそうしていたようで致し方ないので、

しっかり鍵をかけることにしました^^;

島は島でも意外と普通に暮らせます

“島”、という言葉から、かなり不便な生活を連想する人が多いのですが、

Amazonで注文すれば何でも届くし、買い物も、島の外に出てしまえばわりと何でも揃うので、

意外と困ること無く生活ができています。(ありがたき文明社会)

車がないと何かと不便なのは、宮島でない地方都市と変わらないかなぁという感覚です。

他の島暮しよりは便利なのでは…!?という私の勝手な想像です^^; それではまた!