東京の生活を楽しむ。

東京と、離島宮島の生活のコントラストは激しいものがあります。

2週間ほどいて、東京に戻ってくると、歩いていて目に飛び込んでくる情報量の多さや、人の多さになんとクラクラすることでしょうか…(大袈裟ではなく、本当に”クラクラ”する)

2拠点居住するようになって、東京の良いところをくっきりと再認識するようになりました。

欲しいものがすぐに手に入るし、夜も遅くまで明るくて、安全。

あと、やっぱり23区はコンパクト。

思いつきで仕事の合間にぱぱっと移動できるのは本当に便利だなぁと思います。

ちょうど先日、外苑前のイチョウ並木が見頃と聞いてふらりと。

数日前の雨で少し葉が落ちてしまっていたけど、まだまだきれいでした。

燃えるような紅葉もきれいだけど、この寒い季節に黄色を見るとなんだか明るい気持ちになれていいものだなぁ。

週末はミーティングのため鎌倉の七里ヶ浜へ。

この日はおめでたいことがあり、海沿いのカフェでお祝い。

寒くても、海を見ながら飲むビールは美味しい!

穏やかでゆったりとした瀬戸内海も本当に大好きですが、湘南の海沿いの雰囲気もやはり良いのです。

東京⇒鎌倉の移動時間も、そこそこ遠いけれど、宮島の自宅から広島市内に出るのも1時間くらいかかるので、なんだかそれに比べれば本当に東京暮らしの移動時間ってほんとにコンパクトだなーという感じ。

半月単位の生活ターンになってくると、宮島を離れる時になんともさびしい気持ちになるのですが、

これから宮島へ向かう今は逆に、便利で楽しく、大好きな人達が居る東京を離れる寂しさも感じます。

この便利さだったり、すぐに会える距離に居る友達やお仕事関係の人達だったり。まぁ、またすぐに帰ってくるんですけどね。

意外とセンチメンタル人間なのであります。