どこでも生きていける自分で居つづける。

スポンサーリンク
「石の上にも3年」は危険!日本の転職文化、激変の現実
終身雇用制度や年功序列の存続がいよいよ揺らいでいる我が国において、「逃げきれない」40代以下の世代や、50代の早期リタイア後の働き方も含めて、転職への意識が急速に変わってきたように感じる。想像以上のスピードで、日々ビジネスシーンは変化し続けており、かつての「石の上にも3年」という価値観は全く通じない世の中になった。

知らず知らずに「茹でガエル」になってるっていうの、結構多い気がします。

そして最後のまとめが何よりも大切だなぁと思ったので引用させていただきました。

これから転職を考える際、給与だけではなく、何を身に付けられるのか、どのような資産を自分の中に積み上げていけるのかを考えた方がいい。もはや、巨大企業ですら安定しているとは言えなくなったいま、転職の対象はスタートアップ企業から大企業、外資系企業全てを視野に入れて考えるべきだろう。そして、どこでどれだけの時間をかけて何を身に付け、最終的にはどのような事をして生活していきたいのかを念頭に入れて、キャリアプランを考えていくべきだ。

仕事ありきの人生設計ではなく、

どういう人生を送りたいかが前提のキャリア設計にシフトしつつあるなーと感じます。

(もちろん後者も元々居たけれど、少数派?)

いつもいつも焦る気持ちでいろとは言わないけれど、

住みたい場所に住む・送りたいライフスタイル・どのくらい家族との時間を持ちたいか・趣味に時間を割きたいかなど

理想の人生を歩みたければ常に選択肢を増やしておいた方がやっぱり良いなと思うのです。

その会社の中で求められることはもちろん大切だけど、

ここを出て他の会社へ行っても、個人になっても自分は戦力として戦えるかどうか。

常にどこでも生きてける自分で居続けるというのは、必須事項だなと感じます。

自由でいるために!