デザイン発注するときのコンセプトの作り方

スポンサーリンク

こんにちは、鎌倉在住デザイナーのなりおです◎

デザイナーの腕よりも大事なこと

良いデザイン、成果物をあげるのには、デザイナーの腕、ももちろん大切なのですが。笑

実は地味〜にもっと大切なのがコンセプト設計だったりします。

デザインを最大活用するにはゴール(目的)が大事

今さらな話でもあるのですが、

デザインてツール(道具)なんですよね。

魅力を伝えたい・人を呼びたい・サービスを広く知ってもらいたい・買ってほしい・会員登録してほしい…

こういった多々ある目的をかなえるためのツールなんです。

なので、そのツールを最大活用するにはゴールから逆算してストーリーを組み立てるのが大事なんです。

ストーリー設計は素人にもできるのか?

とまぁそんなことを言っても、ストーリー設計って言葉だけでも難しそうですし、

広告屋の専売特許って感じがビシバシします。

でも、実はストーリー設計に必要な素材って決まっています。

というわけで、どうやったらそういったコンセプトが設計できるのかというやり方とシートをnoteにまとめてみました。

素人でも出来るコンセプトの作りかた【シート付き】|なりお|note
デザインに生きる「コンセプト設計」のつくりかたをまとめました。 スタートアップでデザイナー兼ディレクターをしているなりおです。 コンテンツの制作や企画に関わる皆さん、いつもコンセプトや方向性をどのようにまとめていますか? デザインやコンテンツを制作する時に必要なのが、 コンセプト決めですが 経験があまりな...

順を追ってやりかたと、繰り返し使えるシートもついているので、

色々と応用することができます。

コンセプトを作るのは(実は)誰にでもできる

やっていただくとわかるのですが、実はそう大して難しいことではありません。

やったことがないと、

ただ単に、やり方を知らない・考えるのに慣れていないだけで、

繰り返しやってみることで誰でもできるようになります。

やり方書いてあるから、いつでも振り返れるし、もしわからない!という点があればコメント欄などでもぜひ聞いていただけたらお答えします◎